男子高校生モテる方法!女性にモテるために最低限ファッションポイント

男子高校生モテる、ジギーズショップの洋服をみてみる

 

 

男子高校生モテる方法!女性にモテるために最低限ファッションポイント

 

中学時代は男同士でつるんでいるのが楽しいと思っていても、高校に上がると、それまで以上に異性の目が気になるようになりますよね。出来ることなら彼女を作って、漫画みたいな青春を謳歌したい。。。そんなあなたの願いを叶えるために、女性にモテるための服装をご紹介します。

 

男子高校生モテる方法1
■○○を着ただけで「ダサいやつ認定」女性にモテるために、まず1番に避けて欲しいアイテム。それは、ズボンの裏地やパーカーのフードの裏地がチェックやボーダーなどの柄になっている洋服です。高校生のうちならまだ許容できますが、大学生になってもそのようなアイテムを身につけていると、それだけで「ダサいやつ」の烙印を押されかねません。高校→大学で体型が大きく変わるものでもないので、できれば、長く着られる、シンプルな服を選ぶようにしましょう。

 

男子高校生モテる方法2
■柄×柄はNG次に避けて欲しい服装は、上下とも柄物の洋服を着ることです。ものすごくおしゃれな人が、柄物のセットアップ(スーツ)を着るのは問題ありませんが、上下別々に買った柄物の服(例えばボーダー柄のTシャツにチェック柄のハーフパンツなど)を合わせていると、確実に「服装へのこだわりが全くない人」と思われてしまいます。柄物のアイテムはつい手が伸びがちですが、シンプルな無地の洋服と比べて合わせられるものの幅が狭まり、コスパは悪いです。もし手持ちの服の数が多くないのなら、無難に無地の洋服を買うのがよいでしょう。

 

男子高校生モテる方法3
■ボトムスは「紺のハーフパンツ」と「黒のスキニー」が万能無地の洋服の中でも、あると便利なのが、紺色のハーフパンツと黒のスキニーデニムです。紺も黒も主張のない色で合わせる服を選ばない上、あまり記憶にも残らないので、いつも同じ服を着ていても周りに気づかれません(笑)この2つのボトムスに加え、シンプルなトップスが5着程度があれば(例えば、白と黒の無地T、ロゴTシャツ、水色のシャツ、チェックシャツなど)、1週間、十分に着回すことができます。爽やかで、少しやんちゃな印象を持たれたい日にはハーフパンツを、大人っぽくクールにまとめたい日にはスキニーデニムを、というように、会う人や気分によって使い分けるとよいでしょう。おしゃれに相当な自信がある人以外は、無難に、シンプルなアイテムを選ぶのがモテへの近道です。少し慣れたら、アイテムの色の幅を出してみるなど、少しずつ少しずつ個性を出すようにしましょう。

 

女の子ウケNO1のメンズスタイル公式コーデをみてみる。